福島の魅力彩る情報サイト

2018.09.28

すっきりとしたのど越し、心地よい香り、素朴でありながら上品なたたずまい。
日本人はずっとそばと一緒に過ごしてきました。きっとこれからもそう。
そんな風に思えてくる、近くて遠い、遠くて近い、達人のそば入門。

福島市/ そば処 玄
福島市/ 貴福茶屋
郡山市/ 富田茶屋
福島市/ 八幡
郡山市/ 玉川屋 藤澤
福島市/ そば香房 佐吉
福島市/ 岩代家敷大王
郡山市/須賀川市/福島市/ 十割そば会
「三立て」の新そば 一流の味とのど越し香りを愉しむ
蕎麦彩膳 隆仙坊

 もうすぐ新そばの季節、新そばは香りも味も別格になるため、シーズンが近づくと各界の著名人など全国各地から数多くの隆仙坊ファンが訪れます。正真正銘「こだわり抜かれたそば」を食べられる名店。そば好きをこれだけ引きつける理由は「挽き立て、打ち立て、茹で立て」の三立て(さんたて)へのこだわり。
 そば粉の産地は北海道幌加内から信州までと幅広く、厳選した極上の新ものを使用。その日に使うそば粉は毎朝石臼で挽かれます。少量をゆっくりとした回転で挽くことで、余分な熱を加えることなく水分や風味をそのまま保ち、そば本来の香りと食感を生かせるのだそう。さらにその日の気温や湿度で水加減から打ち加減、茹で加減も微妙に変えていくという細やかさ。更科、やぶ、田舎─、それぞれそばの長所と持ち味を生かし極上のそばに仕上げるために欠かせない、繊細な職人技です。
 そばつゆは国産丸大豆仕込みの醤油と土佐鰹本節の背節のみを使い、かえしを加えて熟成、きりっと澄んだ上品な味わいはそばの旨味をより一層引き立たせます。

 みずみずしい手触り、豊かな香りに「打ち手にとっても新そばは特別です」とそばを打つ店主自身もこの季節を心待ちにしているという。些細なことにも手を抜かず、こだわりと確かな腕で作られた新そばは、今年も多くのそば食いをうならせるでしょう。隆仙坊では北海道産の新そばを10月中旬から提供します。

更科そばに四季折々の風味を打ち込んだそば。秋から冬にかけては「ゆず切り」春には「桜」通年では香ばしく炒ったけしの実の「けし切り」があります。 写真は「ゆず切り」1,150円。

1)「天かき揚げせいろ」1,800円 2)「蕎麦づくし」はそばを様々な形で愉しめます。 3)石臼で挽かれたそば粉は香、味、色の三拍子揃う絶品です。
4)プライベートで訪れる芸能人も多く、店内に飾られたサインからその人気ぶりがうかがえます。

そばについていろいろ教えていただきました。

隆仙坊店主上原一与(かずとも)さんご夫婦。日本料理を学んでいた上原さんが先代がつくるそばを食べて「そばがこんなに美味しいものか」とその魅力に引き込まれ、先代から蕎麦づくりを学び深め、いま名店の味を守り引き継いでいます。

蕎麦彩膳 隆仙坊 りゅうせんぼう

TEL.024-932-0194

郡山市清水台2-6-5

営業時間/ 11:00~14:30(L.O14:00) 18:00~20:30(L.O20:00)

定休日/ 月曜日

駐車場/ 有

席/40席 ※宴会最大人数25名(14名様以上で貸切可)

そば豆知識

ページのトップへ